NZの学校とは
日経ビジネスオンラインという会員制(登録無料)のサイトに
”川端裕人のゆるゆるで回す「明日の学校」体験記”
という、
NZの小学校にお子さんを半年間通わせた体験をまとめたものが連載されます。

http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_63220_509373_106

川端さんは「学校そのもの」に強い興味がある という感想を持ちました。
NZについて何でも情報が欲しい!という方には便利だろうと思います。

さて、私は・・・学校には興味なかったです、ねえ。
子供の状況とか学力はすごく気になりますけど。

次男は小学校高学年~中学生という時期にNZに滞在しました。
2年間のIntermediate schoolを挟んだので
プライマリ→インターミディエート→カレッジとくるくる学校を代わり、
そのほとんどで学区外通学だったので
「現地の子とすぐ仲良くなり一緒に遊ぶ」
ということはありませんでした。
シェアランチを届けに学校に行くと
当たり前に友達とふざけあっていて
それなりに楽しそうでした。

そのかわり
学校外の、地域スポーツのクラブでは
ほぼ同じメンバーが持ち上がりでチームメイトになったので
そちらの交流のほうが深くなりました。

学校でのいじめはないかわりに、盗難は頻発していました。

勉強は、する子はする しない子はしない
しない子にはそれなりの未来が待っている
ってところでしょうか。
公立校といえども学力別のクラス編成が当たり前だし
できる子はどんどん上の学年の授業が受けられてチャンスが与えられる。
高校を中退する学生の多さは社会問題化している。
大学の法学部に通うお子さんを持つ方から聞いた話では
専門課程に進めるのは3分の1程度の学生で、
残りは中退か専攻を変えるか、進路変更を余儀なくされます。
だから「大学を卒業しただけで弁護士になれる」んでしょうけど。

この地上に楽園はない。
だけど、楽園でなくても人生を楽しめることを人は知っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2010-02-19 05:59 | 教育・学校
南の南旅行(3)
インバーカーギル空港からスチュワート島へひとっ飛び。

b0084411_20593929.jpg

・・・こんな6人乗りのちっさい飛行機で。

これだけ軽いと助走(?)してからあっという間に飛び上がってしまいます。

天気が良いと上空から島の上に細長い雲が浮かんでいるのが見え
まさしくアオテアロア、細い雲のたなびく地。


宿泊はカカ・ロッジ

b0084411_2121985.jpg

新しくてきれいな部屋でした。

b0084411_2131114.jpg

朝食は前日夕方に部屋に持ってきてくれます。

ここはマクドナルドもないしレストランが少ないので
レトルトパウチのごはん+お茶漬け とか カップヌードルといった非常食が大変役に立ちました。

また小さなスーパーがあります。
にんじんやピーマンを買ってちょっと野菜を補給。

b0084411_2165219.jpg

ロッジの名前の由来である、オウムの一種「カカ」

b0084411_2174852.jpg

b0084411_218189.jpg


島内にはリュックをかついだトレッキング客が多かったです。

高緯度のためなかなか暮れない日。
オークランドと星の見え方が違うかも、と思ったけれど
10時過ぎてもまだ薄明るく
星が見れるのは夜半だなと思ってあきらめました。
ともあれ
静かな島の休日をのんびり楽しみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2010-02-16 21:11 | お出かけ
南の南旅行(2)
滞在時間が短いためいろいろ積み残し感がありましたが、
ダニーデンからインバーカーギルへ。
ダニーデン駅近くのインターシティ発着所へ行き
Te Atau行きバスに乗り込みます。

途中一回のトイレ休憩を挟んで一路インバカーゴへ・・・
(本当にバスの運転手さんは”インバカーゴ”と言うのです)
と思ったら、
ゴアGoreの街で乗り換え!でした。
ゴアはトラウトフィッシングで有名な町で、
街の中心には大きなトラウトのモニュメントが突っ立っています。

車窓からのながめを楽しみながら
快適なバスの旅を続け、
インバカーゴ到着。
クイーンズ・パークの観光案内所前で下車です。

b0084411_4505366.jpg
・・・だれのいたずら?


スチュワート島行きの飛行機に乗るための滞在とはいえ、
私はインバーカーギルの街がとても気に入りました。
静かなのはクリスマス休暇の最中で住民がいないせいでしょうが
観光が主産業でなくてがさついていないのも理由でしょう。
閑静で、美しく、素敵な西洋建築が多い。
この地方は地域の雇用を支える産業が多くあり、市民の生活が守られているのです。
加えて、かつてゴールドラッシュで沸いた時期に流れ込んだ富の遺産があります。


b0084411_4555511.jpg
街のシンボル、水道塔

b0084411_4564777.jpg
イタリアン・ロマネスク建築の長老派ファースト教会。
街の中心には長老派と英国国教会2つの教会があるのがNZのお約束。

b0084411_572832.jpg
堂々たる威容を誇るレイルウエイステーションホテル。

b0084411_59764.jpg
NZ最南端の駅。貨物駅として現役です。
周辺にはウエアハウス等おなじみの大規模店舗が並びます。

b0084411_5162191.jpg
聖マリアバシリカ。
天井のドームがイタリア・ルネサンス様式風。
名前からしてカトリックのものかな?
手前に敷設された線路を興ざめと見るかご愛嬌と見るか。

b0084411_5184738.jpg
公園を散策。
本当に静かでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2010-01-24 05:19 | お出かけ
南の南旅行(1)
あけましておめでとうございます

とは言えない日付になってしまいました。
夏休みってアレですね、子供が毎日家にいてむにゃむにゃ。


クリスマスは南島に行っていました。
ダニーデンからインバーカーギルを経由してスチュワート島という行程です。

最終目的地のスチュワート島は
オークランドから1日で行きにくいところです。
不可能ではないかもしれませんが、難しい。

南島からスチュワート島に渡るには
ブラフからフェリーを利用するか、
インバーカーギルから飛行機に乗るかですが、
オークランド⇔インバーカーギル直行便はないのですね。
インバーカーギルからはクライストチャーチ便しかないのです。
したがってクライストチャーチ乗り継ぎが必須。

今回はのんびり旅行なので
飛行機でダニーデンに入り、
インターシティバスでインバーカーギルに行くというルートです。

で、ダニーデン。

b0084411_12171316.jpg
街の中心部のヘクサゴンという八角形の広場から駅舎です。
この駅は現在はタイエリ渓谷鉄道という観光鉄道しか運行していません。
かつての繁栄がしのばれます。

b0084411_12202562.jpg
ちっちゃな青空市

b0084411_1221690.jpg
クリスマスツリーですよ

b0084411_12215181.jpg
市議会議事堂とセントポール教会。

ダニーデンにはヨーロッパ風の石造りの建物がそこかしこにあり、
往時のゴールドラッシュでは本当にお金が集まっていたのだなあと感心します。
これに比べたら、オークランドなんて場末もいいところ。

b0084411_1225611.jpg
キャドバリー・ワールドでチョコレート工場見学もしてみました。
内部は撮影禁止なので入り口とショップの写真です。

目抜き通りのジョージ・ストリートにはMeridian Mallという新しいショッピングセンターがあって
ホリデイ・ショッピングを楽しむ人々で賑わっていました。

街はよかったのですが、
オクタゴンからスチュワートストリートをちょっと上がったところで
車X車の事故を目撃してしまいました。
おじいちゃんの運転する車が赤信号に気づかず交差点に突っ込んでしまったのです。
車のバンパーがすっ飛んでしまいましたが
出会い頭のバンパー同士の衝突で
大きな怪我はなかったもよう。
自分も気をつけよう・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2010-01-22 12:35 | お出かけ
胃を休めます
クリスマスです。
ショッピングセンターの駐車場で
車が多くて死にそうな目にあいました。
追い越ししてまで駐車スペースをもぎとろうとする人がいるんですもん。
後から後から車が突っ込んできたら
ショッピングが終わって帰りたい車が
スペースから出れなくなってしまうんですけど。

12月中の忘年会Sに加えて
月末の旅行で外食続きになるので
来客も外出もないこのクリスマスは
胃にやさしい食べ物を食べます・・・

でもさびしいのでデザートだけ作りました。

b0084411_1614175.jpg

6個パックで売っている小さいパヴァロワを横ふたつに切って
いちごと生クリームをはさみ、ココアパウダーをかけました。

パヴァロワを横に切るのはむずかしくて最後が崩れてしまいます。
これ、キウイの人達はどうやって食べているんでしょうね?

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-24 16:16 | たべもの
夏を感じる
b0084411_20245873.jpg

うちはお庭はないのですが
玄関は道路側、バックヤードは家の裏という配置の住宅が多く
自然と数軒のバックヤードが寄せ集まって
ちょっとした緑地になり
ゴージャスな借景が楽しめます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-22 20:26 | NZ生活
クリスマスイルミネーション
b0084411_18521364.jpg

b0084411_18525089.jpg

ご近所のクリスマス電飾。
ここまで盛大でなくても、
電飾つきのモールを窓や塀に沿って飾り付けている家
室内でクリスマスツリーがぴかぴかしている家も多し。

南半球はクリスマス頃が一番昼間の時間が長いので
街のクリスマス飾りは旗とか光らないものが多いです。
9時半でもまだ空が薄青かった・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-21 18:56 | NZ生活
1月4日は元旦の翌日
1月4日は「元旦の翌日」です。


ていうか、New Year's holidayです。

クリスマス12月25日、ボクシング・デー26日、元旦1月1日、元旦の翌日1月2日が
週末の土日に当たった場合
次の平日を祝日にするという決まりがあるのです。
2009/2010年の場合、
ボクシング・デーと元旦の翌日がそれに相当するので
28日(月)と1月4日(月)が祝日扱いになるということ。
ただ、学校は休みだしあまり影響ないですね。

いや、1月のゴミ収集に影響あります。
第1週は月曜日がゴミ収集お休みで一日ずれます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-19 20:30 | NZ生活
クリスマスカウントダウン中
風の冷たい日もありますが
日差しはすっかり夏のものになりました。
ポフツカワの花も
日当たりの良い北側だけ咲いていたのが
木全体に広がってきました。

スーパーではクリスマスソングが流れ
大きなハムやフルーツケーキが売られています。
サンタやトナカイの形のチョコレートも売っているのですが
気候的にだんだん合わなくなってきてますね・・・
(室温でとけちゃう)
気分を盛り上げようと箱入りの粒チョコを何度か買ってきたのですが
とうとう家族から
「量が少ない」
「いつの間にかカラになる」
「食べた気がしない」
と、クレームがつくようになりまして

b0084411_2345724.jpg

アーモンドチョコに替えました。
次回はマカデミアナッツ入りチョコにしよう・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-16 23:06 | たべもの
夏休み!
本日でterm4終了、夏休みです!
きのうはPrize Givingで、
次男もYear8を終了して初等教育を完了しました。
・・・3年半しか通っていませんが、NZでは。

式は成績や学業態度が優秀だった生徒にPrizeを与えるもので、
卒業生のYear8は全員、
在校生は受賞者が出席しました。
卒業証書は壇上で授与するものではなく
式の終了後に担任の先生がちょこちょこっと配っていましたっけ。

入学当時は英語はさっぱり、西も東もわからない状態だっただけに
少しずつ子供が親の手を離れて自立していくのを
実感できる3年半でした。

年が明けたらカレッジ生。
新しい生活の始まりです。

b0084411_15444362.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
[PR]
by バニラ│ # by nzmama55 | 2009-12-15 15:45 | 教育・学校